2017/03/15 16:11

J2試合後半からユニホーム替えの珍事 緑とグレー、なぜパスミス続出したのか

山雅のHPより
山雅のHPより

サッカー・J2リーグのFC岐阜と松本山雅FCとの白熱の一戦の最中、ユニホームが前半と後半で変わる「珍事件」が起きた。

両チームのユニホームがまさかの「色被り」でパスミスが続出、会場が騒然となり、両チームの監督も「出動」という「トンでも劇」になった。なぜこんなことに?

試合開始早々に会場がざわめく

試合は2017年3月12日、岐阜のホームグラウンドである岐阜メモリアルセンター長良川競技場(岐阜市)で開催された。この日までに、岐阜は開幕から2試合で2引き分け、松本も0勝1敗1引き分けと、今季は両チームともに未勝利。お互い初白星をかけた大事な一戦だ。

試合は岐阜のホームゲームのため、岐阜は上下とも濃い緑色の第1ユニホーム、アウェーの山雅は上下ともグレーを基調とした第2ユニホームを着用して試合に臨んだ。

ひとつひとつのユニホームは明らかに違うが、緑とグレーは、色のトーンがもともと似通っており、当日の天候が曇りだったことも相まって、光の加減によっては山雅のユニホームが緑にも見えることが問題だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >