2017/03/20 05:30

櫻井翔、三池監督作品で4年ぶり映画単独主演!不審死追う教授役

櫻井翔主演で映画化される「ラプラスの魔女」
櫻井翔主演で映画化される「ラプラスの魔女」

 嵐の櫻井翔(35)が、人気作家・東野圭吾氏原作の映画「ラプラスの魔女」(18年公開、三池崇史監督)に主演することが19日、発表された。映画の単独主演は「神様のカルテ2」(14年)以来4年ぶりで、三池監督とのタッグは興収31・4億円とヒットした「ヤッターマン」(09年)以来となる。

 原作は東野氏のデビュー30周年記念作として15年5月に出版された。櫻井にとって東野作品はNHKドラマ「トキオ 父への伝言」(04年)以来。「たくさんの“久しぶり”に胸が高鳴る」と声は弾む。東野作品は数々、映画化されてきたが今作の原作権も12社が競合して、東宝によって映画化。

 脚本は社会現象となったドラマ「半沢直樹」(TBS系、13年=原作・池井戸潤)などの八津弘幸氏が手がけ、ヒットメーカーが集結した話題作となる。

 櫻井が演じるのは、地球化学を専門とする大学教授・青江修介。異なる温泉地で連続して起きた2つの不審死を調査し、事件の真相に迫る役どころ。三池監督の演出に期待しながら「『ヤッターマン』のスタッフも数多く、また同じメンバーでできる喜びをかみ締めている」と新たなヒット作を生み出すべく、撮影に臨んでいる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >