----------->> 毎日遊ぶほど楽天スーパーポイントGET!賢く貯める「お小遣いゲーム」誕生 <<-----------
2017/02/17 23:30

低空飛行を続ける『就活家族 きっと、うまくいく』前田敦子の“キレ芸”が光る!

 物語も折り返し地点に突入した、テレビ朝日系『就活家族 きっと、うまくいく』。後半戦を占う16日放送の6話の視聴率は8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。低空飛行状態ともいえそうです。

 6話のレビューに入る前に、見事なまでの転落を完遂した富川一家4人の現在の状況を軽く振り返りましょう。

 父・洋輔(三浦友和)は、大企業のエリート社員。長年の社畜生活が功を奏し、役員の打診を受けていました。ところが、同僚の策略によって、洋輔に思いを寄せる後輩社員・川村優子(木村多江)に“セクハラ”を働いたとのレッテルを貼られてしまいます。我がプライドが許さない洋輔は、会社を退職。その後、職探しをしますがエリート社員たるプライドと経歴が邪魔をして無職のままです。

 母・水希(黒木瞳)は、中学教師。長く仕事を続けたいと思っていましたが、自身の起こした問題が元で、その計画が水の泡に。さらに上司である校長との折り合いがつかず、学校を退職。癒やしを求めて足を踏み入れたホストクラブに、どっぷりハマってしまいました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >