2016/12/30 23:00

フジロック、町山智浩、水道橋博士、BABYMETAL...2016年、サブカル論争&炎上7大事件簿

 今年は芸能スキャンダルがワイドショーや週刊誌を賑わせたが、サブカル界でもいろんな事件やトラブルが起きた。マスコミではまったく取り上げられていないが、音楽、映画、アイドルなどをめぐってさまざまな論争が起き、SNS上での大炎上に広がったことも珍しくなかった。
 こうしたトラブルは、どうでもいいような重箱の隅をつつきあうものも少なくなかったが、表現圧力や差別など、現在の日本社会が抱える問題や文化状況をあぶり出すようなものもあった。リテラでは年末特別企画として、2016年を代表する7つのサブカル事件を振り返ってみたので、ぜひ読んでいただきたい。


■事件その1
フジロックが奥田愛基出演で炎上!「音楽に政治を持ち込むな」という言葉がネット上に

「音楽に政治を持ち込むな」という言葉がツイッターのトレンドになり、朝日新聞の社説にまで取り上げられる事態に発展したこの騒動。そのきっかけは「FUJI ROCK FESTIVAL'16」にSEALDsの奥田愛基氏の出演がアナウンスされたことだった。これを受けてネット上には〈今年は絶対フジロックいかない 政治色本当やだ〉などといった言葉が書き込まれ、炎上に発展していった。
 しかし、この言説が大きな間違いであることは今さら否定するまでもない。フジロックは1997年の開催初年度から社会的イシューに関して自覚的なフェスティバルであり、地球環境問題に関する啓蒙活動や、反戦・反原発へのメッセージを発信し続けてきた。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、パティ・スミス、BRAHMANなど、洋邦問わずメッセージ性の強いアーティストがステージ上に立ち続けていることも、フジロックのことを少しでも知っている人間なら誰もが理解していることである。
 それ以前に、そもそもポップミュージックは、ブルース、ソウル、ファンク、レゲエ、パンク、ヒップホップ、どのジャンルにおいても社会的なメッセージと不可分な存在である。「音楽に政治を持ち込むな」などという言説はまずもってポップカルチャーとしての音楽の歴史を何も理解できていない馬鹿げた発言としか言いようがないのだが、残念ながら恐らく来年以降も反権力の主張を行うミュージシャンに対し、無自覚なリスナーからバッシングが飛んでくる傾向は変わらないだろう。そのたびに我々は「そうではない」と言い続けなくてはならない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >