芸能

2011/10/05 21:15

BIGBANG大麻事件で日韓の芸能界から居場所がなくなる?

 朝鮮日報などが5日、韓国の5人組男性グループ・BIGBANGのリーダーであるG-DRAGON(ジードラゴン)(23)が、大麻を使用したとしてソウル中央地検に摘発され、起訴猶予処分になったと報じている。G-DRAGONは、7月に実施した毛髪検査で陽性反応が検出されていたという。

 BIGBANGは、G-DRAGON、SOL(ソル)、T.O.P(トップ)、D-LITE(ディライト)の5人で06年に結成されたヴォーカルユニット。韓国では、東方神起と並ぶ2大男性ユニットと称されるほど人気を得ているグループで、08年には日本デビューも果たしている。その翌年、日本での2ndシングルとなる「ガラガラGo!!」で、日本レコード大賞最優秀新人賞にも輝いている。今年は5月10日から、ジャパンツアー「BIGBANG presents "Love & Hope Tour 2011"」が開催され、大阪・千葉・名古屋の3都市で8公演を行うなど絶大な人気を誇る。




◆関連商品
日本でも大人気の韓国コスメブランド「スキンフード」
中でも様々な雑誌やネットなどのメディアで話題のシュガーマスク!


楽天ブログの記事

image

ブログを書く

楽天グループのサービス
サービス一覧
お問い合わせ一覧
社会的責任[CSR]
関連サービス
おすすめ
【楽天カード】楽天スーパーポイントが2倍貯まるクレジットカード。年会費無料。
お買物・ポイント
旅行・エンタメ
マネー
暮らし・情報
ビジネス