2016/11/22 05:00

阿部寛が日中合作『空海』に出演決定!「こんなスケールの作品に出演するのは初めて」

阿部寛は遣唐使、安倍仲麻呂を演じる/[c]New Classics Media Corporation and Kadokawa Corporation 2016
阿部寛は遣唐使、安倍仲麻呂を演じる/[c]New Classics Media Corporation and Kadokawa Corporation 2016

夢枕獏原作の「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を、総製作費150億円で日中共同製作する一大プロジェクト『空海−KU-KAI−』(2018年公開)。本作に安倍仲麻呂役として阿部寛の出演が決定した。

監督をチェン・カイコーが務め、若き日の空海を染谷将太が演じることで大きな話題になっていた本作の舞台。日本から遣唐使としてやってきた若い僧侶、空海と詩人の白楽天が、長安を揺るがす事件の謎に迫るという物語。

阿部演じる安倍仲麻呂は、奈良時代の717年に遣唐使として入唐し、第9代皇帝である玄宗に仕えた人物。彼は船が難破し帰国できず、唐に戻り、ベトナム、ハノイで任につき、亡くなるまで約50年間も唐で暮らしたという。本作では同じく遣唐使となった空海が事件の核心に迫るなか、期せずして彼の足跡を辿ることになり、重要な役として登場する。

10月中旬より撮影に参加している阿部は「俳優人生の中でもこんなスケールの作品に出演するのは初めてです。セットのすごさ、エキストラのすごさ、監督がそれをまとめあげるすごさ。こだわって1日ワンカットしか撮れない日もありますが、そのような撮影をしているチェン・カイコー監督を尊敬しています」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >