2016/12/03 09:00

【体験レポ】『RANMARU 神の舌を持つ男』の佐藤二朗との宴会に参加してみた(後編)

『RANMARU 神の舌を持つ男』の佐藤二朗との宴会に参加してみた
『RANMARU 神の舌を持つ男』の佐藤二朗との宴会に参加してみた

『トリック』や『SPEC』シリーズの堤幸彦監督×向井理主演の“温泉ギャグミステリードラマ”を映画化した『RANMARU 神の舌を持つ男』(12月3日公開)。今回、映画に登場する「鬼灯村」の宿としてロケを敢行したのが、山梨県の秘境にある「赤石温泉」だ。11月某日に、朝永蘭丸(向井理)の相棒・宮沢寛治役を演じた佐藤二朗と共にこの宿で宴会をするという1泊2日の温泉ツアーが開催された。

鯉のあらいや馬刺しなど、地元の料理に舌鼓を打ちながら、佐藤との歓談を楽しむ参加者たち。集まったのはほとんどが佐藤の熱烈なファンで、佐藤はサインや握手、写真のリクエストに笑顔で応え、和気あいあいとした空気が流れていく。クイズ大会では佐藤が毒舌を交えて不正解者をばっさり斬ったり、珍回答にツッコミを入れたりして爆笑の渦を作り出す。

また、クイズ大会では佐藤自身にも「堤幸彦監督と、福田雄一監督に同じタイミングでオファーが入ったらどっちを選ぶか?」という難題が出された。佐藤は「誰だよ、これ聞いたヤツ」と思わず苦笑い。ちなみに完成披露舞台挨拶では「俺と福田さんのどっちを選ぶんだ?」と堤監督自身が佐藤に詰め寄り、大爆笑となったことも記憶に新しい。良い感じにお酒が入った佐藤は「酔っているのでわかりません」と回答すると拍手が上がった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >