2017/03/15 20:26

GACKT ゴールデン街勧めるも「行ったことない」、ゴジラとキングコング競演

 米アクション映画「キングコング髑髏島の巨神」(25日公開)のジャパンプレミアが15日、東京・新宿で行われ、来日したトム・ヒドルストン(36)、ブリー・ラーソン(27)、サミュエル・L・ジャクソン(68)に加え、日本語吹き替えキャストを務めたGACKT(43)、佐々木希(29)らが登壇。集まったファン1000人と写真を撮ったり、サインをしたり、交流を楽しんだ。

 会場は日本が誇る怪獣「ゴジラ」を冠に掲げた全長120・1メートルにもなる歌舞伎町の「ゴジラロード」。同所でのイベントは、洋画作品として初めてで、夕日の中、キングコングが登場するシーンをイメージしたオレンジ色のカーペットで占拠。スクリーンには、巨大キングコングも登場し、2020年公開予定の「GODZILLA VS. KONG(原題)」での対決を前に両者の“競演”が実現した。

 今回が初来日となるトムは「ありがとうございます」と日本語であいさつ。日本の感想を聞かれ、「皆さん、優しくて温かい。それに、日本食がとってもおいしい。寿司と刺身をいただいた」。ゴジラの前でのステージとなり、「ゴジラの下に立てるのが嬉しい」とスペシャルなイベントを楽しんだ。寒空の下、肩を露出したドレスで登壇したブリーは「こんばんは!」と笑顔。サムエルも「おはよう!」と日本語であいさつしつつ、「LAでは朝です」とジョークを飛ばし、改めて「こんばんは!」と手を振り、場内を沸かせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >