2016/12/05 10:00

台湾出身モデルのヤオ・アイニン、福島への留学生役で映画初主演

映画初主演を務めるヤオ・アイニンは、モデルとして活躍するほか、アジアや世界に羽ばたこうとしている台湾の新星
映画初主演を務めるヤオ・アイニンは、モデルとして活躍するほか、アジアや世界に羽ばたこうとしている台湾の新星

雑誌「装苑」「soup.」などで活躍する台湾出身のモデル、ヤオ・アイニンが映画「恋愛奇譚集」(17年2月公開)で邦画初出演にして初主演を務めることがわかった。’11年に発生した東日本大震災から5年、福島県天栄村(てんえいむら)を舞台に「ふくしまの今」を伝える本作で、人とのふれあいを通して成長する留学生・ユーウェンを演じる。

東日本大震災では、国内外から被災地に多くの支援が届けられた。なかでも台湾からは、救援隊の派遣や約560トンに及ぶ支援物資、200億円に上る義援金などさまざまな形で温かい支援が被災地に届き、人々を勇気づけた。本作「恋愛奇譚集」は、こうした温かい支援への感謝の思いを背景に、復興が進んだ「ふくしまの今」を知ってほしい、福島県を訪れるきっかけになってほしい、という思いを込めて制作された。映画「思春期ごっこ」(’14年)などで知られる新進気鋭の映画監督・倉本雷大氏がメガホンを取り、映画「百瀬、こっちを向いて」(’14年)などの狗飼恭子氏が脚本を担当。福島県天栄村でロケが行われ、公開に先立つ今月11日には天栄村で完成披露試写が予定されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >