2017/03/21 12:00

【12星座の恋物語】牡牛座は“育てる恋” 両思いを堪能するため片思いからじっくり育む

――人を好きになってから、その恋が終わるまでの流れは人それぞれですが、ここにも星座の特徴が表れます。知らずのうちに繰り返してしまう陥りやすいパターンがあるのです。12星座の特徴から、恋がはじまって終わるまでの流れを、1つの恋の物語としてご紹介します。

■第2回 牡牛座
 12星座2番目の牡牛座は、生まれた肉体を意味する星です。五感に優れる牡牛座は、その身の安全を守るために、快適さと平和を求めるのでしょう。穏やかで忍耐強い気質の秘密もここにあります。平和を愛する牡牛座の恋の物語を見てみましょう!

■片思い中……じっくり時間をかけて恋心を育てていく
 与えられた自らの身体ですべてを体感するように、恋の手応えを少しずつ感じながら、徐々に、その重みを増していく牡牛座です。一目惚れやノリではじまる恋とは無縁でしょう。相手の魅力の1つ1つを体感し、じっくりと時間をかけて恋心を育んでいきます。片思いの恋が育っても、あまり苦しまないはず。それまでの恋の道のりも、片思いの1つといえるからかもしれません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >