旬ネタニュース

2014/07/19 18:00

マーニーがラスト? ジブリが解散?!

19日全国公開のアニメ「思い出のマーニー」。スタジオジブリ制作の、この夏の注目作のひとつだが、「ジブリ制作のアニメはこれが最後になりそうです」と語るのは同スタジオの関係者だ。
興行収入304億円で日本国内歴代トップの「千と千尋の神隠し」(2001年)や同196億円の「ハウルの動く城」(04年)、同192億円の「もののけ姫」(1997年)など日本映画界に大きな足跡を残してきたジブリに何があったのか。
「昨年公開の『風立ちぬ』を最後に宮崎駿監督(73)が引退したときからスタジオの解散説がささやかれ、今年春になってから、スタジオ創業メンバーでプロデューサーの鈴木敏夫氏(68)も決断し、スタジオのスタッフにそれが伝えられています」
それは大ニュースだ。
「ただこれだけ大きなスタジオが一気になくなるというのは衝撃だけに、それを発表するタイミングを探っているところです。今後は新作はつくらず会社としては版権管理のみを行うことになるようです」
にしても、なぜ?
「巨額な制作費がかかるアニメですが、ジブリはそれを自社スタッフで行うため、人件費が経営を圧迫しています。『風立ちぬ』は興収116億円を稼いでいますが、年間人件費だけで20億円はかかる会社としては100億稼がないと会社を維持できないのです」
なるほど…。
「昨年公開の高畑勲監督(78)の『かぐや姫の物語』は興収51億円にとどまっており、スタジオとしては失敗作。毎年作品を発表できない以上この高いハードルを超えられないなら解散するしかない…」(先の関係者)
「思い出のマーニー」がラストになるというのなら、これ以上の宣伝はないということになるのか…。

【関連記事】
英国最大のコスプレ大会が開催、ハイレベルなステージで観客圧倒<写真特集>
フジテレビ、深夜アニメ第4話放送中止=佐世保の事件想起か
ミッフィー生みの親 ブルーナ氏が創作活動停止…現地メディア報道
進撃の巨人 × 西武鉄道のコラボ企画『進撃の西武鉄道』の公式サイトがオープン / ネットの声「ふええ駅員さんコスきたわあ……」
日本の漫画、「本物」はこちら=海賊版排除へ誘導サイト―経産省


◆関連商品
大ヒット中のスタジオジブリ最新作「思い出のマーニー」
イメージアルバム+サントラの豪華2枚組カップリングアルバムが早くも登場!


編集部注目Nail

シックな色合いにグラフィカルなラインでモダンに

楽天ブログの記事

image

ブログを書く

楽天グループのサービス
サービス一覧
お問い合わせ一覧
社会的責任[CSR]
関連サービス
おすすめ
【楽天カード】楽天スーパーポイントが2倍貯まるクレジットカード。年会費無料。
お買物・ポイント
旅行・エンタメ
マネー
暮らし・情報
ビジネス