2017/09/04 19:45

老化が加速する!? 口半開きはキケン!

花粉症や風邪、慢性的な鼻づまりで鼻から呼吸できず、口を半開きにしていると、肌荒れ、たるみ、ほうれい線、睡眠不足、集中力低下、イライラなどの原因に。口半開きで老化しないための対策をご紹介します
花粉症や風邪、慢性的な鼻づまりで鼻から呼吸できず、口を半開きにしていると、肌荒れ、たるみ、ほうれい線、睡眠不足、集中力低下、イライラなどの原因に。口半開きで老化しないための対策をご紹介します

口元の若さを奪う口呼吸!


口を半開きにしたままの「口呼吸」はほうれい線やシワの原因にもなります! 花粉症や風邪で鼻がつまったり、鼻炎で、慢性的な鼻づまりの状態が続くと、どうしても口を開いて呼吸してしまうもの。

しかし口を開いたままで呼吸(以下、口呼吸)をすると、唇のまわりの「口輪筋」、口角を上げる「大頬骨筋」などの筋肉が弱まり、あごのラインがたるんだり、口角が下がって暗い印象になってしまうだけでなく、ほうれい線や二重あごなどシワや老け顔の原因になります。

口の4つの筋肉を衰えさせない



口呼吸で半開きになった口元では、口のまわりの筋肉が老化します。 口まわりの老化に関係するのは、次の4つの筋肉です。

・口輪筋……口の周りにある筋肉で、口を開けたり閉じたりするときに使います。
・大頬骨筋……口角を上に引き上げて、健康的で若々しい笑顔を作ります。
・小頬骨筋……上唇を上に引き上げる筋肉で、頬のたるみやほうれい線を防いでくれます。
・笑筋……口角を横に引っ張る筋肉で、キレイな笑顔を作るとともに、あごを引き締めてやフェイスラインをスッキリさせます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >