2017/09/08 20:45

「寝る直前に食べる生活」で起きる体への悪影響

忙しいと、ついつい寝る直前に食べることを繰り返してしまいがち。実際その生活を1カ月継続した場合どうなるのでしょうか?
忙しいと、ついつい寝る直前に食べることを繰り返してしまいがち。実際その生活を1カ月継続した場合どうなるのでしょうか?

寝る直前の食事を継続していると出てくる悪影響

毎日忙しく仕事をしている人にとって、帰宅時間が遅いせいで夕食が遅くなることは大きなストレス。「仕事だから仕方ない」と諦めている人も多いのでは?

でも、対策をせずに過ごしていると、体重増加とともに様々な悪影響が体に出てきます。そんな生活を1カ月続けたらどうなるのでしょうか?

1カ月で3kg増は当たり前!

私の「ダイエット個別指導サービス」でご相談頂いたある女性は、仕事が忙しい時期になると終電で帰宅するのが当たり前になったそうです。そのため寝る直前に夕食を食べるという生活になってしまい、3カ月で体重が10kg近く増加。平均すると1カ月で3kg弱の体重増加ということになります。

中には、1カ月で5kg増えた人もいます。体重を落とすのは難しいのに、増えるのはあっという間です。寝る前の食事による体重増加の平均は2.6kgで、夜遅い食事がどれだけ体重増加と大きく関係しているかがわかります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >