2017/12/03 18:15

30歳過ぎたら要注意!オバ顔ゆがみチェック

脚を組む、猫背、頬づえなど、日常生活の悪いクセが、30歳を過ぎると、ほうれい線やたるんだ口元など、オバ顔ゆがみの原因に。
脚を組む、猫背、頬づえなど、日常生活の悪いクセが、30歳を過ぎると、ほうれい線やたるんだ口元など、オバ顔ゆがみの原因に。

30歳を過ぎたら要注意! オバ顔ゆがみって?

オバ顔ゆがみとは、シワやたるみなどの「肌の老化」に加えて、長年の表情やしぐさの癖によって生じる「顔のゆがみ」のこと。

特に30歳前後から、肌のハリを保つ皮膚の組織が老化しはじめ、皮膚弾力でゆがみや重力に逆らって、キレイな顔の輪郭を保つことがむずかしくなり、下へ下へとたるんで、いわゆる「ブルドック顔」になることをさします。

オバ顔ゆがみ自己チェック

私たちはふだんの生活の中で気がつかないうちにいろいろな癖がついています。例えばこんなことはありませんか?

【オバ顔ゆがみチェック】
□片方の肩でショルダーバッグを抱える。

□よく頬づえをつく。

□座ると左右どちらかの脚を組む。

□じっと見るときに左右どちらかの目を近づけたり、細めたりする。

□食べ物を噛むとき左右どちらかの歯ばかりを使っている。

□長時間パソコンに向かっていると首が前傾している。

□後ろを振り向くとき左右どちらかばかりに回転する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >