2018/05/06 11:50

ベースコートの塗り方と使い方のコツ

ベースコートは、ネイルカラーを塗布する前の「保護剤」。爪表面を守るだけでなく、爪の色素沈着や紫外線を防いでくれるなどイイコト尽くし!
ベースコートは、ネイルカラーを塗布する前の「保護剤」。爪表面を守るだけでなく、爪の色素沈着や紫外線を防いでくれるなどイイコト尽くし!
普段ネイルカラーをする習慣がない人にも、ぜひおすすめしたいベースコート。おすすめの理由と効果的な使い方についてご紹介します。まず塗るタイミングとしては、マッサージの後!バッフィングをすることで、爪に自然なツヤは出ますが、そこにもう1工程ベースコートを塗布することで、ツヤ感がアップするだけでなく、爪を強く保護してくれます。

ネイルカラーを塗らなくても、ベースコートは塗るべし!

ベースコートはネイルカラーを塗布する前の保護剤で、大きく分けて「栄養を与えるタイプ」と「表面を整えるタイプ」の2種類があり、ネイルカラーの発色を手助けして綺麗な仕上がりを作ります。

さらに爪の色素沈着や紫外線防止などイイコト尽くし。ネイルカラーをしない人でも、ベースコートを塗布して健康でツヤのあるネイルを手に入れましょう。

ベースコートの塗り方

 
1. ベースコートを塗る前に、爪表面の余分な油分や汚れを取り去ります。これにより、ネイルの持ちが良くなります。コットンスティックを作り、コットンスティックをリムーバーで湿らせて、円を描くようにふき取ります。


 
2. 爪の裏側も汚れていることが多いので、忘れずに拭き取りましょう。


 
3. ネイルカラーやベースコート、トップコートを塗る時に大切なのは、塗る前のハケのしごき方です。ボトルの口の部分でハケの片側をしごき、ネイルカラーの量を調節します。この時にハケを扇形にするのがポイントで、片側にのみ液が乗っている状態を作ります。

 
4. まず爪と裏側部分に塗布します。爪の中央から塗っていきましょう。爪の生え際より少し手前にハケをおいて、軽く押し付けるように爪先までスーッと動かして一気に塗ります。この時、ハケの幅が均等になるように心がけましょう。


 
5. 次に左右を塗布します。塗る部分を必ず自分の体側に向けるようにしましょう。また端までしっかり塗れるように。指の腹で塗布する部分を広げるようにします。

 

 
6. 指を自分の側に向けるやり方以外にも、台の上に手を置くやり方もあります。塗りにくい左手も、安定してキレイに仕上げることができます。指の左右を塗る場合は、指を立てて塗る部分が体の正面にくるように調整します。

以上が、基本の塗り方です。色を塗るのはちょっと……という人もぜひ取り入れてみて下さい。
(文:渡邉 季穂)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >