2017/07/24 20:30

寝苦しければ湯舟へ! ほてった体もスッキリ!「夏のお風呂の入り方」

梅雨が明けて夏本番! ですが、暑くて毎晩寝不足にはなっていませんか? エアコンで涼しい寝室にしても、冷却シートを使っても、体がほてって眠れないのは、湯船に浸かっていないことが原因かも。 実は、暑い夏こそ湯船に浸かることで、毎晩心地よい眠りを得ることができるのです。今回は、ナイトケアアドバイザーの小林麻利子が、その理由と夏のお風呂の入り方をご紹介します。

文・小林麻利子

【小林麻利子の美人の作り方】vol. 101

■ 深部体温が下がるため、眠りやすくなる

私たちは、寝る前に内臓などの深部体温が下がり、就寝後さらに体温が下がる仕組みが既に備わっていますが、夜湯船に浸かったほうが深部体温が下がりやすくなるので、眠りやすくなります。

株式会社バスクリンの2010年の研究で、入浴剤を使用し40℃10分間の入浴(以下、入浴グループ)とシャワー浴(以下、シャワー浴グループ)を比較したところ、入浴グループは約-0.6度、シャワー浴は約-0.4度低下したという結果が得られています。つまり、シャワー浴より、お風呂に浸かったほうが、深部体温が低下するということです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >