2017/10/19 20:00

骨の貯金は40代まで! 基本3本柱は食事、歩くこと、さらにアレ!

知っているようで知らない“骨”に関する疑問の数々。教えてくれたのは、健康院クリニック院長・細井孝之先生です。



Q. 骨は一生変わらないの?

A. 子どもの骨は成長し、長さも変わるけれど、大人になると骨の形はほとんど変わらない。

「ですが、成長のピークが過ぎたあとも、中身は毎日少しずつ生まれ変わっている。古い骨を壊す細胞と新しい骨を作る細胞があって、バランスを保ちながら、日々代謝が行われています。1か所だけで見ると3~6か月、全身だと5~6年ですべての骨が入れ替わっている。骨は生きていて、つねに変化しているんです」(細井先生)

Q. 骨を強くするには?

A. カルシウムとビタミンDを摂ることは必須。

「カルシウムは乳製品のほか、豆乳などの大豆製品や濃い緑の野菜に豊富。カルシウムの吸収を助けるビタミンDは鮭や青魚に多く含まれます。さらにビタミンDは日光で活性化するので、1日に30分ほど、手のひらだけでもいいので日に当たりましょう」(細井先生)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >