2017/10/23 11:00

ペンをお尻に挟んで…代謝アップも期待できる“肛筋”エクササイズ

骨盤の「ゆがみ」対策には、“肛筋”を鍛えることが有効なよう。“肛筋”とは、タレントで整体師の久嬢由起子さんの造語で、肛門周りの筋肉を指す言葉。久嬢さんによると、これを鍛えることで骨盤が安定するのはもちろん、腹筋や脚の筋肉も正しい位置になるため代謝がアップし、痩せやすい体になるんだとか! 気になる肛筋エクササイズ、以下で早速ご紹介します。

肛筋を鍛えるには、キュッと力を入れて肛門を締めるだけ。ところが、これが意外と難しい!

「お尻に力を入れてって言うと、みなさん大臀筋、つまりヒップの頬の筋肉に力を入れてしまうんです。でもお尻の肉には力を入れず、肛門まわりだけに力を入れるのが正解。そこをわかりやすくするために、お尻にペンを挟むのです」

ペンは、先端から1/3くらいの地点を肛門にあてる。

「一度両脚を開いてペンをあて、脚を閉じて左右のくるぶしをつけます。そのまま力を抜いた状態だとペンが落ちてきますが、肛筋にキュッと力を入れると落ちません。息を止めずに8秒キープするのを、3回繰り返して。これで、肛筋を意識できるようになります」

1.脚を開いてペンを斜めにあてがい、先端から1/3くらいの位置を肛門にあてる。
2.脚を閉じて手を離し、肛筋に力を入れて8秒キープ。息を止めないこと。これを3セット繰り返す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >