2017/11/11 19:00

【知らないと小さく見える…!】「一重、奥二重、二重」のアイラインの描きかた

【知らないと小さく見える…!】「一重、奥二重、二重」のアイラインの描きかた
【知らないと小さく見える…!】「一重、奥二重、二重」のアイラインの描きかた
ひと昔前は「とにかく二重が盛れる」「二重のりやテープを使うのが常識」だったけど、ナチュラルメイクブームの今どきは、一重や奥二重をそのまま生かす人が増えているんです。だからって昔のアイメイクのままじゃNG。そこで「一重・奥二重・二重」それぞれのアイラインの描きかたをレクチャー。最後に、どんな目の人でも共通の “盛れる基本テク” もご紹介します。

イラスト・角侑子 文・三谷真美

■ 目のタイプ別「アイラインの描きかた」

人によって目の形はそれぞれだから、自分に合ったアイラインの描きかたを覚えましょう。目を大きくすることだけじゃなく、左右対称になるように描くことも大切です。

■ 一重さんのアイライン

■ 目をあけた状態でもアイラインが見えるように確認する

1.目頭から目尻まで、まつ毛のすき間を埋めるように細くアイラインを描く。
2.目をあけた状態でアイラインが見えるかを確認しながら、少しずつ太く描き足す。

一重さんは、目をあけたときにアイラインが見えないからって、太く描きすぎちゃうことが。だから一回で描こうとせずに少しずつ足し、アイラインがギリギリ見える太さを探して。もしアイラインが悪目立ちするなら、最後に濃い色のシャドウをアイラインに重ねてなじませてもOK。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >