2018/06/13 11:00

SPFは低いほうがいい…!? 意外と知らない「日焼け対策のマメ知識」3つ|ちょこっと美容マメ知識 #27

美容・健康に関する資格を8個保有するライター&コラムニストharakoが、日々の生活で気軽に取り入れることができる美容情報をご紹介する連載です。第27回目は、スキンケアアドバイザーの視点から、これから気温が高くなる季節の紫外線について解説します。
■ 紫外線から守る方法は、正しい知識が不可欠

【ちょこっと美容マメ知識】vol. 27

この時期になると「紫外線はシミやシワの原因」というイヤ~な紫外線情報があちこちから耳に入ります。美容コーナーに行けば、SPFやPAの強い日焼け止めに日傘など、さまざまな紫外線ケア商品が並んでいますが、紫外線は目に見えないため、どうやって防いだら良いのかわかりにくいのが難点です。

そこで今回は、紫外線がどうやって美容に影響するのか? 強い紫外線はどうやってケアするのが正解なのか?など、ただ対策するのではなくポイントを押さえたケア方法を解説したいと思います。

■ ポイント1:日傘の「色」で、紫外線吸収率が変わる

この時期、外出時に日傘を持ち歩く女性も多いのではないでしょうか。日傘をさすことで、直接お肌や髪の毛に紫外線を浴びない対策は、とても良いことだと思います。しかし、日傘の「色」を間違えると紫外線の吸収率が異なるため、注意が必要です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >