2018/01/28 19:00

妊娠中や生理前にも…寝つきの悪い人が行うべき4つの習慣

妊娠中や生理前にも…寝つきの悪い人が行うべき4つの習慣
妊娠中や生理前にも…寝つきの悪い人が行うべき4つの習慣
みなさんは寝つきは良いですか? 特に、生理前や妊娠中はいつにも増して、「なかなか眠れない!」とお悩みの方は多いようです。そこで今回は、女性特有のこの時期にスッと寝付くコツを、睡眠や入浴など夜のケアで、多くのプチ不調や美のお悩みを解決してきた、ナイトケアアドバイザーの小林麻利子がご紹介します。

グラフ・王悠夏、文・小林麻利子

【小林麻利子の美人の作り方】vol. 119

■ 原因は体温が下がりにくいから

私たちは、体の内側の体温が低下することで眠くなり、体温が上昇することで覚醒するというメカニズムがあります。そして、通常、就寝前には体温が低下するため、特に意識することなくスッと寝付くことができます。

しかし、生理前や妊娠中の特に初期は、基礎体温が高いため、就寝前に体温が下がりにくく、寝つきが悪くなることが多いです。その原因は、生理前では、子宮内膜をふかふかにするためのプロゲステロンや妊娠初期では、つわりの原因でもあるhCGホルモンの分泌。こうしたホルモンによって、基礎体温が37度近くあり、寝る前に体の内側の体温がきちんと下がらず、睡眠を妨害してしまうのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >