2018/02/14 16:30

また今年も悩むの…? 花粉の温床って実はアレ。プロが教える対策4つ

■ 2、ヘアアレンジはできるだけタイトに!

ロングヘアやダウンスタイルは、花粉が髪につきやすくなってしまいます。春先は、できるだけタイトなまとめ髪にして髪の面積を少なくすると◎。前髪もおろさず、ポンパドールなどの工夫を。鏡を見てアレンジしてみると新しい自分に会えるかも♡

■ 3、帰宅後はすぐにブラッシング

帰宅後や外出先から戻ってきたら衣服についた花粉を落とそうと、すぐブラシをかける人も多いはず。そのときは、髪も忘れずにブラッシングを。室内に花粉を持ち込まないために髪にも気を配ることが大切です。

■ 4、髪の内部にも花粉は入り込む! トリートメントでダメージケアを。

ダメ―ジが進行した髪は、キューティクルが常に開いているので突起のある形をしている花粉が付着しやすい状態。そのまま内部まで入り込むとさらにダメージが進行してしまいます。泡立ちのよいシャンプーでしっかり洗い流したあとは、トリートメントで髪の外側を保護しましょう。それだけで、花粉から髪を守ることができます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >