2018/05/12 16:00

間違ってない? 「日焼け止め」の効果的な塗り方&選び方

いざ太陽の下へ、という時は、UVケアアイテムは必須。内側からは「飲む日焼け止め」、肌の上からの日焼け止めは状況に合わせて賢く防御。完全ガードしてダメージを最小限に。

■ 飲む日焼け止めでインナーブロック

「飲む日焼け止めの主成分は、抗酸化作用の強いポリフェノールやビタミン類。お出かけの30分前に服用することで、紫外線による炎症やメラニン生成を抑制します」(クリニックF院長・藤本幸弘さん)。「頭皮や目など、日焼け止めが塗れないパーツのケアができるのも利点。私は出かける前に必ず飲むので、日傘は差しません」(美容家・山本未奈子さん)

写真右/強い紫外線を浴びる7日前から飲むことで、セラミドやカロテンが肌に行き渡り、日焼けしにくい肌に。つるんとした粒で飲みやすい。やかないサプリ 30粒入り¥2,840(オルト TEL:0120・008860)中/熱帯の植物成分が日焼けから肌を守りつつ、セラミド、ヒアルロン酸分解成分が肌を保湿、さらにL‐シスチンをはじめとする美白成分が白肌にアプローチ。リコピンなどの抗酸化物質も配合。ノーブ ケア ホワイト 90粒入り¥9,800(noUV TEL:0120・979・028)左/クリニックFの藤本院長が監修。抗酸化、免疫防御、細胞DNA保護、皮膚構造の保存と4つの作用で紫外線の有害ダメージをブロック。ヌーボー 60g¥7,500(クリニックF TEL:03・3221・6461)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >