2018/05/12 12:30

家の中もご用心…! 老化原因の8割を占める紫外線「よくある勘違い」3つ

日差しが気になる時期がやってきました。紫外線は肌に悪いというのは定説ですが、つい面倒だからと手を抜きがち。しかし、肌に最も悪い影響を与えるのは紫外線だといわれており、老化の原因の約80%を占めるとされています。肌の乾燥やシミ、シワやたるみの原因になり得るのです。将来おばさん化しないためにも、今からのケアを大切にしましょう。
■ 油断は禁物! あるある勘違いを確認しよう

紫外線については、「これくらい大丈夫だろう」という油断をしがちです。でもその判断が未来の肌を左右するかも……!? よくある勘違いをまとめてみました。

■ くもりの日は日焼け止めがいらない

これは大きな間違いです。日がよく照っているときに紫外線が降り注いできそうなイメージですが、薄い雲であれば80%以上の紫外線が通過します。くもりだからといって日焼け止めを使わないのはNG!

■ 暑くない日は日焼け止めがいらない

こちらも間違いです。人が暑さを感じるのは赤外線によるもので、紫外線は暑さとして認識しません。気温が低いときでも日焼け止めは必要です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >