2019/07/20 20:30

トイレ滞在は5分まで! 「お通じ」のためにやりたい5つのこと

トイレ滞在は5分まで! 「お通じ」のためにやりたい5つのこと
トイレ滞在は5分まで! 「お通じ」のためにやりたい5つのこと
スッキリ! 腸も喜ぶトイレの極意とは? 内科医の小林暁子先生に“お通じ”の心・技・体を教えてもらいました。

「腸は毎日同じ状態ではなく、便も日によって異なります。また、腸内細菌の組成によって、元来硬い便になりやすい人、ゆるい便になりやすい人と個人差もあります。でも、正しい便にこだわりすぎたり、毎日出さねばと必死になるあまり、本来排便する際に大事な、心身がリラックスしている状態からかけ離れてしまう人が多いのです」(内科医・小林暁子先生)

調子が良いときの自分の便の状態を知っておくことも大事。

「腸に良い食生活を1週間ほどしてみて、そのときのお通じの量、硬さなどをチェック。それを基準に判断するようにしましょう」

便はあなたの健康状態を知らせるバロメーター。正しい排便の仕方を身に付け、便と仲良しに!

■ より良いお通じのための心得・5

■ その一:便意があったら即、が基本。

腸と脳が健やかなときは、直腸に便が到達すると自然と便意をもよおし、スムーズに排便へと導かれるもの。「便意をもよおしたら、時間に関係なく必ずトイレに行くようにすると、脳は指令通りにカラダが応えてくれたことに喜び、脳と腸の関係が整っていきます」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >