楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/26 18:00

洗濯物と物干し竿の高さは近づける? 遠ざける? “骨”にいい習慣6選

(1)寝起きに背伸びする

寝返りが少ないと骨格にゆがみが。そのままにすれば、一日をゆがんだ姿勢で過ごすことに…。目覚めたらまず、足を肩幅に開いて立ち、足指はまっすぐ正面、両手を組み天井に向かって背伸びして、ゆがみをリセット。日中も何度か背伸びする習慣を!

(2)真正面で作業する。
キッチンなどで、体を捻って洗い物をしたり包丁を使ったりすると、背骨や、ひいては骨格がねじれてしまう原因に。立ち位置を変えずに作業しがちだけど、シンクやまな板に対して真正面に位置取りして、キッチンと平行に移動しながら作業する意識を。

(3)洗濯物と物干し竿の高さをなるべく近づける。
床に置いた洗濯物を、高いところにある物干し竿に干そうとすると、腰や肩、首など体の様々な骨に負担がかかる。こうした不要な負担を避けるためには、洗濯物を椅子や台に置いて、物干し竿と近づけよう。物干し竿を胸の高さに調整できるとなおいい。

(4)電車では踏ん張りすぎない。
電車で立っているとバランスを崩さないようにと、踏ん張ってしまいがち。ただ、それでは揺れによる衝撃を骨がもろに受けてしまうことに。なるべくつり革を掴んで膝の力を抜き、ゆらゆらと揺れの衝撃を受け流して。膝への負荷を減らすことができる。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >