2018/02/12 21:00

年齢のせいにしない…!30代からの「目元美人」を作る方法とは?

顔の中でも、特に肌が薄くデリケートな目元。ちょっとしたストレスもトラブルとなってあらわれやすく、加齢の影響も受けやすいパーツです。

目元の印象が老け顔をつくったり、美人度を下げてしまうこともあるので、日ごろから丁寧なケアを心がけたいもの。

年齢を重ねても美しい目元をキープするためのエッセンスをお伝えします。

 
目元が美人をつくる


美人の基準は、年齢と共に変化します。20代くらいまでは、生まれつきの顔の造作が美人かどうかを左右しますが、30代以降は、肌の質感や表情などが美人度に影響してきます。

特に目元は、表情が一番あらわれるパーツなので、目元の印象が悪いと美人度を下げてしまうことも。逆に若い頃は、美人とまでは評価されなかった人でも、目元の印象次第で美人にランクアップすることも可能なのです。

美人な目元をつくるために大切なのが、目に疲労感を残さないこと。クマやたるみ、小じわなどは、疲れ顔をつくる原因になるだけでなく、老けた印象を与えるマイナス要素です。疲れ顔予防には、スキンケアに加えて、生活習慣を整えて体調を良い状態に保つことも大切です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >