2017/09/14 18:14

ココナッツ、アーモンド、大豆……「植物性ミルク」でキレイを手に入れる!

このところ、コンビニやスーパーなどで気軽に手に入るようになった「植物性ミルク」。これまでは大豆のミルク=豆乳がよく知られていましたが、最近ではココナッツミルク、アーモンドミルク、ライスミルクなど、さまざまな植物性ミルクが市販されています。

「植物性ミルクは、普通の牛乳よりもカロリーや脂肪分が少なく、コレステロールもゼロ。ダイエット中の人には最適です。牛乳だとお腹がゴロゴロしてしまう人も安心して飲むことができ、さらに食物繊維が多く含まれているものもあって、お通じの悩みも解消できます」と美容誌のライターは話します。

では、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。具体的にみていきましょう。

■豆乳

大豆から作ったミルクで、他の植物性ミルクと比べて、良質なタンパク質が豊富に含まれているのが特徴。含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンの分泌を整える働きも。無調整のものを選んで豆乳鍋にしたり、味噌汁に加えたりと、料理にも広く使えて便利。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >