2017/10/11 18:14

紗栄子も実践。ヘアのダメージを防ぐには、濡れた髪を放置せずにすばやく乾燥!

 普段、シャンプー後の濡れた髪を、どんな風にケアしていますか? タオルドライをしている人、すぐにドライヤーで乾かす人、自然乾燥でそのまま寝てしまう人までさまざまでしょう。でも、この髪の乾かし方によって、髪が傷んでしまうこともあるって知っていましたか?

 快適生活研究会『「おしゃれ」ワザあり事典』(PHP研究所刊)によると、髪が濡れているときというのは、髪にとって非常に無防備な状態なのだそう。なぜなら、キューティクルが緩んでいるから。キューティクルは、外部の刺激から髪を守っている部分。うろこ状に重なり合って髪を覆っていますが、とっても薄く、摩擦に弱いところがあるため、無理にこすると剥がれ落ちてしまうのです。

 そんな無防備なときに、枕に直接押し当てたり、バサバサとタオルで何度もこすったりすると、キューティクルが損傷してしまうようです。そして、ツヤが失われたり、枝毛の原因になったりすることもあるのだとか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >