2017/10/16 18:14

代謝アップ!睡眠中に成長ホルモンの分泌を高める「セルフ加圧」のススメ

 最近、痩せにくくなったと自覚している人はいませんか? そんな女性のために朗報です。実は、寝る前にある行動をすることで、代謝が上がりやすくなるんです。

 代謝を上げるポイントは、眠っている間に成長ホルモンをきちんと分泌させること。「もう二度と太らない!リンパダイエット:1日3分!『なぜか食べてないのに太る』体質を改善!」(主婦の友社刊)によると、成長ホルモンがきちんと分泌されれば、身体の修復がスムーズに行き、代謝が上がるのだといいます。

 その成長ホルモンを分泌させるための寝る前の行動とは、「セルフ加圧」。これを行ってから眠ると、約3時間後に成長ホルモンが分泌されるのだといいます。やり方は簡単。自分の手首をもう片方の手で強くつかんだまま、グーパーを8回、4セット行うだけ!

 ちなみに、このセルフ加圧は、モデルの田丸麻紀さんが好んで実践しているそうで、美容にもよい影響があるのだとか。田丸さんはある日、クッキーを食べた後にセルフ加圧のトレーニングに励んでいましたよ。

 寝る前のセルフ加圧で成長ホルモンをたっぷり分泌させ、ぜひ痩せやすい身体づくりに励んでみましょう!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >

おすすめキャンペーン