2017/11/06 18:14

ご飯やサツマイモ…糖質の太りにくい食べ方をマスターしよう!

 食欲の秋到来! 美味しいサンマや栗、さつまいもなどを筆頭に、さまざまな美味しいものが食卓に並ぶ季節です。でも、気になるのが秋太り! 医学博士・池谷医院院長の池谷敏郎さんによると、秋太りを防ぐ基本は、太る原因となるご飯の量を調整することにあるといいます。ご飯の量を半分に減らしたり、3食のうち1食はご飯を抜くという方法で乗り切るのがいいそうですよ。

 さらに、お助けメニューとなるのが「まいたけ」。まいたけには、糖質の吸収を遅らせる機能があることが分かっており、女性にとっては救世主のような存在といえるのです。そして、池谷さんオススメが「朝まいたけ」。朝食にまいたけを取り入れることで、昼食の糖質の吸収も遅らせることができて一石二鳥なのだとか!

 この秋、旬の美味しさを存分に味わっても太らないようにするために、朝食にまいたけご飯を取り入れるのもよさそうですね。

また、糖質を多く含むジャガイモやさつまいもなどによる秋太り対策として、まいたけポテトサラダ、まいたけさつまいもサラダなど、ヘルシーに旬の味覚をいただくのもいいかもしれません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン