2017/11/10 18:14

極端なダイエットは乳酸菌を餓死させる!?

 よかれと思ってやったことでも、実はまったくの逆効果だったなんてことはよくある話。それは健康面でも当てはまります。例えば、極端なダイエットが体に悪い影響を与えてしまうことは、よく知られていますよね。近年ブームの糖質制限ダイエットも、腸内細菌の中の善玉菌の一種である、乳酸菌を餓死させてしまうといわれていますが、実際はどうなのでしょうか?

 医師の後藤利夫さんによる「乳酸菌がすべてを解決する」(アスコム刊)によると、食事制限によるダイエットは、乳酸菌にとって突然、干ばつに遭うようなものなのだそうです。なぜなら、糖質は乳酸菌にとってエサだからです。だから、エサが何週間も届かなくなることで、乳酸菌は餓死してしまうのだとか。

 乳酸菌が減って腸内環境が悪化すると、便通の調子が悪くなります。また、寝つきが悪くなる、おならが出やすく臭いもきつくなる、肌荒れ・吹き出物が出る、口臭や体臭がきつくなる、免疫力が低下して風邪を引きやすくなる、アレルギー症状につながるなど、体にさまざまな問題が起こってくるのだそうですよ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >