2018/03/11 18:14

ツルツル肌のために!入浴後の「保湿ケア」7つの極意

 垢擦り用のタオルなどでこすると、一時的に肌がスベスベになったような気がしますが、それは角質層の表面を削り取っているから。角質層は滑らかな肌の敵のようにいわれていますが、実は体を守るバリアの役目もしているのです。余りにも削り取ってしまうと、そのまま乾燥や肌荒れの原因になります。そこで、スキンケアを考えながら入浴するのであれば、守ってもらいたいのが次の7つです。

■42度以上のお湯に入らない

■15分以上の長湯をしない

■1日に何度も入浴しない

■石鹸やボディソープは適量を使う

■タオルやスポンジ、ブラシでこすり過ぎない

■湯上り後には適切に保湿剤を使用して、自己回復力を促す

■スキンケアは入浴後10分以内に

 これらのことを守って入浴すれば、お肌の正常なターンオーバーのサイクルをキープすることができます。これは夏場も同じ。ちょっとした気遣いで、顔だけでなく、体の素肌美人も目指していきましょう。

(医療/フィットネスライター・松尾直俊)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >