2018/06/01 18:14

顔や手足だけじゃない!?紫外線対策が必要な意外な部位とは?

 紫外線対策といえば、メインは顔や手足などですよね。普通は、日焼け止め効果のあるファンデーションや日焼け止めクリームを塗って対策をしますが、それだけでは充分ではないようです。実は、意外な部位にも対策が必要だといわれているのです。

 その部位とは、ずばり「目」です。参天製薬の資料によれば、強い紫外線が目に入ると、脳がそれを察知して防御反応が起き、メラニン色素を生成するように体内へ命令することがわかっているのだそう。メラニン色素といえば、過剰に生成されてしまうと、シミやそばかすの原因になることはよく知られていますよね。目の紫外線対策を怠ったばかりに、シミやそばかすのリスクが高まってしまうのは避けたいものです。また、眼科医の杉本由佳さんは、紫外線を目に浴び過ぎると、角膜へのダメージによって「白内障」などの眼病につながり、最終的には失明の恐れもあるといいます。

 では、いったいどうすればいいのでしょうか。杉本さんに、30~40代の女性向けに、目の紫外線対策のアドバイスをいただきました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >