2019/07/15 10:14

今さら聞けない!日焼け止めの選び方と基礎知識

 梅雨明け間近でそろそろ夏本番! 日焼け止めが手放せない季節になりますね。そこで、日焼け止めについて、いくつかご紹介していきましょう。

 日焼け止めは、SPF値が高いほど効果があるというのが、多くの人の理解だと思います。例えば、SPF30というのは、何も塗らない状態より30倍日焼けを遅らせるというもの。一般的に、色白な人が日焼けをするまでは20分程度、SPF30なら20分×30=600分、つまり、10時間日焼けを遅らせられるということになります。

 もちろん、汗をかいたりこすったりして日焼け止めが落ちることもあるので一概にはいえませんが、オフィス内で仕事をしている人であれば30でも十分。50といった数値が高い日焼け止めは、営業で外回りが多い人や、海や山などのレジャーに出かける人向きです。

 注意したい点は、SPF値が高いと肌が乾燥しやすくなるということ。なので、保湿をしっかり意識しましょう。また、日焼け止めには、紫外線吸収剤を使ったものと紫外線錯乱剤を使ったものがあります。前者は紫外線をいったん救出してから放出するので、肌の弱い人は赤くなったりかゆくなったりする場合もありますから、紫外線吸収剤不使用のものを選んでみるといいかもしれません。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >