2019/08/02 18:14

皮膚科専門医に聞く!夏の「汗あれ・あせも」対策

 子どもも大人も気を付けたい夏の「汗あれ・あせも」。できてしまうとかゆくて、どうしても気になってしまいますよね! そうなる前に早めのケアが肝心です。そこで、皮膚科専門医の吉木伸子さんに、汗あれ・あせも対策をうかがいました。

 吉木さんによると、「汗あれ」とは、乾燥や間違ったスキンケアによって皮膚が傷んだところに、自分の汗が刺激になってかゆみが生じるものだそう。そのため、普段からのスキンケアを見直し、角質層を傷めないように保湿、健康に保つことが大切だといいます。

 そして「あせも」とは、急激な発汗によって汗管が詰まった状態のこと。そうならないためにはできるだけ急な発汗を避けることが大切ですが、できてしまったあせもはかかずにおけば数日で自然治癒するのだとか。どうしてもかゆい場合は、市販のあせも用の薬を塗ってケアすることが大切なんだそうですよ。

 どちらも基本的にはセルフケアで対応できますが、かいてしまって血が出てしまうようなケースは、皮膚科を受診することが大切だそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >