2019/08/24 10:14

トラブル続出!?実際にあったエステ脱毛のトンデモ体験談

 クリニックで行われる「医療脱毛」と、エステサロンで行われている「光脱毛(IPL脱毛・プラズマ脱毛など)」は似て非なるもの。医療機関では医師が常駐し、「有資格者(医師や看護師)」が脱毛照射を行いますが、エステサロンでは医療従事者ではない「エステティシャン」が照射を行うため、こんなトラブル体験もあるようです。

■肛門周りをやけど

 国民生活センターに寄せられた30代女性の体験談によると、デリケートゾーンの光脱毛で店員が肛門周りに光を照射させたところ、激痛が走ったといいます。痛みを訴えたものの、店員からは「痛いほうが効果がある」と言われ、そのまま施術を続けたとか。しかし、あとで鏡で確認したら、肛門の上あたりがやけどになっていて、皮膚がズルむけの状態に! 病院では「完治には1年以上かかることもある」と言われたそうです。

■シェーバーで陰部に傷

 エステでデリケートゾーンを施術した後、陰部にかさぶたがあることに気づいたというケースも。皮膚科医の診断によれば、シェーバーで下処理をしたときの施術ミスが原因ではないかとのこと。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >