楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/28 10:14

“食欲の秋”に注意!食による「老化」を防ぐ調理と調味料選びのコツ

 肌のシミやシワ、たるみ、骨粗しょう症などに現れる体の「老化」。実はこれらの症状、食生活の“ある数値”を知ってコントロールすることで、防ぎやすくなるというのです。そこで、食欲の秋に老化を招かないための、食生活の工夫を紹介しましょう。

 寒い日が増えてくる秋は、さっぱりしたものを好みやすい夏と比べ、濃い味付けの料理や肉料理、揚げ物などがより美味しく感じる季節ですよね。でも、昭和大学の糖尿病・代謝・内分泌内科の主任教授である山岸昌一さんによると、このような食べ物の食べ過ぎは、老化を進める可能性があるといいます。

 山岸さんによると、体を構成するたんぱく質が糖と結びつき(糖化)、元に戻れないほど劣化して機能の落ちたものをAGEといい、AGEが体内に溜まることで老化が促進されるのだとか。AGEが体内に溜まる仕組みには、次の2通りがあるそうです。

■内因性AGE

 体内でつくられるAGEのこと。麺類や甘いものなどを食べたときの血糖値の上昇が糖化を促進させ、この状態が長く続くことでAGEが生成・溜まっていくそうです。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >