楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/16 18:14

ベジ・ファーストより「混ぜ食べ」がダイエットに効果的な理由

 暑さによる運動不足や炭水化物中心の食生活(そうめんやパスタ、冷たいドリンク・アイスの飲み過ぎ・食べ過ぎなど)が原因で起こる「夏太り」。秋を過ぎても「まだ元の体型に戻らない!」なんてお悩みの女性も多いのでは?

 冬の間に改善するためには、食生活を改善することが大切です。『50歳を過ぎても体脂肪率10%の名医が教える内臓脂肪を落とす最強メソッド』の著者であり、循環器専門医の池谷敏郎さんに“夏太りを解消する食べ方のコツ”をうかがいました。

 池谷さんによると、炭水化物中心の食事で太ってしまう主な原因は、「食後血糖値の急上昇」とそれに伴う「インスリンの過剰分泌」。白米やうどん、パスタなど、でんぷんを含む炭水化物の糖質は、消化・吸収が早いために食後血糖値を急上昇させやすく、また、血糖値を下げるために分泌されるインスリンには、体内の余分な糖を脂肪に変えて体に溜め込む働きがあることから、内臓脂肪を中心とした肥満の原因となりやすいのだそうです。さらに、内臓脂肪が過剰に蓄積すると、脂肪細胞からTNF-αやレジスチンなど、インスリンが血糖値を下げる働きを鈍らせる物質が分泌されるようになり、食後の高血糖とインスリンの過剰分泌に拍車をかけ、メタボの増悪や糖尿病の発症へと繋がりかねないとも語ります。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事もプライベートも忙しく、中途半端で終わりやすい日。優先...もっと見る >