楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/30 18:14

「年末年始太り」を防ぐ5つの心得

 年の瀬に至るまでのクリスマスや忘年会、そしてお正月など、豪華な食事を楽しむ機会が増える年末年始。休みが続くことで運動不足に陥りやすく、1年のうちでも“太りやすい”時期ですね。そんな年末年始に太らないためには、小さな工夫でいいので「貫く」ことが大切です。体重増加を最小限に抑える、5つの工夫を紹介しましょう。

■食べもの制限せず、「腹八分目」にとどめる

 正月に親族が集まった場などでは、ご馳走を目の前に「太るから食べない」という選択をするのは辛いですよね。普段から食事に気を付けている人はなおさら、1年に1度くらいは食べるものを気にせず、美味しいものを楽しみたいもの。そんな場合は、口にするものの種類を制限しない代わりに、「腹八分目」を徹底しましょう。食べきれない場合は、次の食事にとっておけばOKです。

■食べた後、すぐに寝ない

“食べては寝る”の生活を繰り返せば、たとえ摂取カロリーが適量でも太りやすくなってしまいます(睡眠不足の場合に)。夜だけでなく、昼間に寝ることで不足分を補うことはできても、睡眠時間を未来のために貯蓄することはできません。食後に寝て夜に眠れなくなると、夜食まで食べてしまう可能性も……。夜に寝る習慣を続け、翌日スッキリと起きた方が体調が整いやすく、休みボケを防ぐのにも役立ちますよ。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

交流会など、日頃出会えない人が集まる場に参加しよう。世界が...もっと見る >