2017/06/05 09:00

片頭痛やむくみも悪化...!?梅雨のプチ不調を招くNG食材とは?

梅雨になり雨の日が続くとなんとなくだるくなったり、疲れやすくなる、むくんでいる気がする...など身体の不調を感じる人が多いのではないでしょうか? そこで今回は、梅雨のプチ不調を悪化させる可能性のある食材についてご紹介します。

そもそもなぜ梅雨は体調が悪くなる?

晴れた日に気分が高まったり、エネルギッシュになるのは、自律神経のうちの「交感神経」が優位になっているから。逆にどんよりした日や雨の日など低気圧のときは「副交感神経」が優位になって、血圧・代謝の低下や眠たくなる、やる気が出ないなどの状態になりやすくなります。つまり、雨の日が続くことで「低気圧による自律神経の乱れ」を招き、ひどい人は偏頭痛や肩こりになってしまうんです。

また、「高湿度によるむくみ」も梅雨時期に現れやすい不調のひとつ。これは、気温が高く水分をたくさん摂るのに反して、湿度が高いため体内の水分が外へ出にくくなること、そして自律神経の乱れによって代謝が下がっていることなどの原因が考えられます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >