2017/08/28 09:00

粘液力の低下が肌のハリを奪う!?うるおう女を作る身近な食材って?

生理痛が起きたり、肌のハリが失われたり、爪や髪がパサパサしたり...女性に起こるマイナートラブルはさまざま。そんなちょっとした不調の原因は、もしかしたら"粘液力"が低下しているせいかもしれません。そこで今回は粘液力の基礎知識と、簡単に粘液力アップにつながる食材をご紹介します♪

女性の"粘液力"はうるおいと健康を司る!?

目や鼻、口など、皮膚に覆われていない「穴」の部分は、保護するために粘液が分泌されています。膣口や尿道口、肛門なども同じ。粘液は、体内に入ろうとする細菌やウィルスをブロックしたり、体の中に入った異物を排出したりする、大事な役割を持っています。この粘液力は女性のうるおった美と健康を維持するためにとっても重要! 例えば粘液力が低下し膣の粘液もうまく分泌されなくなると、性交痛や生理痛を伴うことも。ただそれだけでなく、免疫力が低下して感染症にかかりやすくなったり、肌のハリや髪のツヤが失われて老化が進行する...などの恐れもあるんです。

粘液力アップの基本は、デリケートゾーンを清潔に保つこと!

そんな粘液力をアップさせるためには、まず膣まわりを清潔に保つことが重要に。例えば一般的な普通のボディソープや石鹸ではなく、デリケートゾーン専用のケア用品で洗い、保湿すること、肌に直接触れる下着や生理用品などは通気性の良いもの、できればオーガニックのものを選ぶことなどで、粘液力を高めていくことができます。

"粘液力"を上げる身近な食材って?

正しいケアはもちろんのこと、見落としがちな毎日の食生活も実は大切なポイント。女性が積極的に摂るべき、粘液力を上げてくれる食材はこちら♪

✔ まいたけ
粘液力を高める「グリスリン」という成分を含みます。

✔ 海苔
海苔ペプチドには皮膚の安定化を促す効果があり、粘膜の健康をサポートします。

✔ ブロッコリー・ブロッコリースプラウト
抗酸化力の高いポリフェノールが豊富に含まれるため、若々しさを保ちます。

✔ 大豆・大豆製品
女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをするイソフラボンを含み、粘液の分泌に働きかけます。

✔ 味噌や醤油などの発酵調味料
伝統製法の発酵食品は腸内環境を整え、身体の中から粘膜や粘液分泌をサポートします。

✔ 亜麻仁油、えごま油
亜麻仁油、えごま油などのオメガ3系のオイルは、粘膜を含む細胞を再生する力を活性化します。

今まで顔や髪など見えるところのケアをいくら頑張っても、効果が出なかったのは、粘液力が低下していたせいかも。今日からできるケア方法&食事でうるおう身体を手に入れて!

参考文献:森田敦子著『潤うからだ』(ワニブックス)

【関連記事】
・ 【簡単レシピ付き】夏の冷え対策に!注目のスーパー野菜「長命草」がすごい!
・ 子宮も夏バテするって知ってた?ホルモンバランスが整う3つのこと

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >