2017/09/28 16:50

原因は肋骨?"ぽっこりお腹"にアタックする簡単ストレッチ3選

太って見えなくても、実はお腹がポッコリだったりしませんか? その原因はもしかして、肋骨が広がっているせいかも! 肋骨が開くと、肋骨内に収まりきらなくなった内臓が下垂して、お腹がポッコリしてしまうんだとか。対処法をアンチエイジングデザイナーの村木宏衣さんに対処法を教えてもらいました。まずはチェックリストであなたの肋骨の状態を確認しましょう! 

あなたは大丈夫?肋骨の状態チェックリスト以前に比べて食欲がある
大きく呼吸すると息が入りにくい
猫背or反り腰と言われる
食後にお腹がポッコリしてしまう
仰向けで寝た時に肋骨の高さが違う
知らないうちに息を止めていることが多い
あまり運動をしないので筋力がない

複数当てはまる人は可能性大! 空いた時間や"ながら"でできるストレッチをご紹介します。

テレビを見ながらできる「肋骨ゆらゆらほぐし」

横向きで寝た姿勢になり、下になった方の手で反対側肋骨を指でひっかけるようにして押さえます(写真左)。枕を用意して上側の手を真横に伸ばし、息を吐きながら手のひらをコロコロと前後に転がすようにして身体全体を10カウント揺らします(写真右)。寝る向きを変えながら左右共に10カウント。矢印のように場所を変えながら、3箇所行いましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >