2017/10/20 16:50

暗闇で疲れにサヨナラ!眼科医もすすめる噂の#闇風呂って?

疲れが取れる、リラックスできると「#闇風呂」がTwitterで話題に。闇風呂とはその名の通り、浴室を暗くして、"闇"の中で入浴するというもの。電気を消すだけで身体全体に嬉しい効果があるのだそう。その仕組みをスガオ眼科の院長・菅尾光子先生に教えてもらいました。

お風呂×暗闇で相乗効果をもたらす!

ゆっくり入浴すると、リラックス効果や冷えの改善効果が期待できることは知られていますよね。そのほかに湿度が高い浴室で過ごすことで目がうるおうため、一時的にドライアイが緩和されます。これは、闇風呂でなくても得られる効果です。では、なぜ暗くすることが良いのでしょうか。

暗闇で休息スイッチON!

私たちは交感神経と副交感神経がバランス良く働くことで健康を維持しています。古来から、人間は日が昇ると交感神経が働いて活動を始め、日が沈む頃に副交感神経が優位になって休息するような身体の仕組みになっています。ですが、現代は夜でも電気がついていて、なかなか副交感神経が優位になる状況になりづらいのです。そこで疲れを取るなら、物理的に暗くすることで副交感神経を呼び起こす「休息スイッチ」を入れることが大切に!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >