2018/02/21 09:00

紐を耳にかけるだけ!?「さとう式リンパケア」ですっきり小顔に♪

顔のエラ付近にある咬筋(こうきん)。この咬筋が硬くなってしまうと顔デカの原因になることも...。そこで小顔の鍵となる咬筋をゆるめる、超簡単「さとう式リンパケア」についてご紹介します。

「さとう式リンパケア」って?

「歯の食いしばりや噛みしめる癖などにより咬筋が発達し、硬くなってしまうと、下顎の骨が引っ張られます。そうすると骨が正しい位置から外れてしまうため、顏が大きく見える原因になるんです。耳に紐をかける「さとう式リンパケア」を行うと、耳元の筋肉が刺激され咬筋がゆるみ、引っ張られていた骨が元の位置に戻るため、小顔やリフトアップ効果が期待できます。また、肩こりや首こりの改善、基礎代謝UPにも効果的ですよ!」(佐藤青児先生)
さっそく、紐を使った「さとう式リンパケア」をレクチャーしてもらいました♪

準備するのは紐だけ! 紐を使った「さとう式リンパケア」の方法用意するもの

ワックスがかかっているデンタルフロス
※ 凧糸や手芸用の糸など、どんな紐でもOK

紐の結び方

やり方

1. 左右の頬骨、エラの位置を鏡で確認をする。

2. 結んだ紐を耳にかけ、10分ほど少し圧迫するだけでOK。10分後、左右の頬骨、エラの位置などの変化を確認しましょう。

耳に紐をかける時は、紐を縛りすぎないように。耳たぶの形が変形しない程度で1mmくらい耳たぶが持ち上がるくらいの、かかっているかかかっていないか分からないくらいがベストです。強く縛ってしまうと筋肉が硬直して、逆効果になります。

「効果を実感するなら、片耳だけに紐をかけた状態で10分ほど経った後、鏡を見てみてください。紐を耳にかけた方の顔がリフトアップされてすっきりした印象になっているはずですよ!」(佐藤青児先生)

紐を耳にかけるだけなので、ながら美容法としてもぴったり♪ ぜひ、トライしてみてくださいね。

お話を伺ったのは...
さとう式リンパケア主催・歯科医 佐藤青児先生
顔も身体も変わる、魔法のタッチと言われている「さとう式リンパケア」の生みの親。メディア出演も多く、『「耳たぶくるくる回し」で"顔のしわは消せる!』などの著書がある。国際ウェルネス協会、医療法人 青清会の理事長も務めている。
https://lymphcare.org

【関連記事】
・ 位置を○○に変えるだけ!小顔に見せる「リフティングチーク」って?
・ 目の下少しあけるだけ!デカ目・小顔が叶うプロのコンシーラーテク

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >