2017/08/25 17:00

ボディ洗浄料も乾燥の原因に!?肌の「うるおい力」を守るケアに注目

クラシエホームプロダクツ株式会社ビューティケア研究所は、肌の潤いの根源となるラメラ構造と、その構造維持に必要なラメラケアに関する研究を実施。それによって、ラメラケアを実現する「ラメランス テクノロジー」の開発に成功した。

肌の乾燥を招くのはラメラ構造の乱れ?私たちの肌の乾燥に大きく関係しているのがラメラ構造。
肌は角質層に覆われていることで体内に蓄えた水分の流出を防ぎ、潤いを維持している。さらに角質層は角層細胞が何層にも積み重なり、その隙間を細胞間脂質が埋めている。この細胞間脂質は水分と脂質が交互に並び層状になっており、この構造がラメラ構造と呼ばれているもの。
ラメラ構造がきれいに整っていることが肌の潤いを保つ条件であり、何らかの理由で構造が乱れると、過度に水分が体外に放出されて肌が乾燥した状態になるのだ。

洗浄成分によってラメラ構造が乱れることを確認今回の同社の研究で、角質層を洗浄成分に浸けるとラメラ構造に変化が起こり、構造が乱れることが明らかになった。さらに検証を進めた結果、ボディソープの洗浄成分である界面活性剤がラメラ構造に入り込むことで、構造が乱されていることも判明。
ボディソープや石けんの使用は肌を清潔に保つために大切だが、その成分がラメラ構造を乱し、お風呂上がりの急激な乾燥の原因となっていたと考えられる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >