2017/10/06 14:00

入浴後の10分間が命!保湿ケアのリミットが科学的に解明

入浴後は10分以内に保湿ケアを!一般的に、お風呂に入れば肌も潤い、それだけでも保湿ケアになる…と思われがちだが、大きな落とし穴がそこに存在していることを、一般財団法人日本健康開発財団 温泉医科学研究所が科学的に解明した。

9月12日付で発表された「日本健康科学雑誌」に掲載されているのは、20代~40代の女性14名を対象にして実際に行った皮膚水分量変化の計測数値だ。

結果からすると、お風呂を出てから10分後までは入浴前よりも皮膚水分量が多かったのに対し、10分を経過すると入浴前の同等にまで低下、さらに30分を経過してしまうと入浴前よりも皮膚水分量が低下してしまうという。つまり、入浴後の保湿リミットは10分。

入浴中の保湿化粧品による乾燥予防の結果は?では、ただお風呂に入るのではなく入浴中に保湿化粧品を肌に塗布した場合には、お風呂を出た後の皮膚水分量はどのように変化するのだろうか。

驚くべきなのは、お風呂を出た後の1分後から、実に2倍近い水分量を保っている点。そしてお風呂を出て60分後までは入浴前の皮膚水分量が確保されているという点だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >