2017/08/26 11:00

枝毛ゴワ髪にサラツヤ復活!「夏のダメージヘア対策」まとめ

夏は紫外線やエアコンの影響で髪が傷みがち。「パサパサでまとまらない!」、「最近ツヤがなくなった……」といった悩みを抱えている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、『美レンジャー』過去記事から、夏の髪のダメージ対策をまとめてご紹介します。

気をつけて!やりがちなNG習慣7つ

まずは、過去記事「今すぐヤメて!髪ゴワゴワ“夏ダメージを秋に引きずる”NG洗髪習慣」から、ただでさえ傷んでいる髪をさらに傷めつけてしまうNG習慣を7つご紹介します。

1:お湯の温度が高すぎる

お湯の温度が熱すぎると必要な皮脂や潤いまで洗い流してしまい、頭皮や髪の乾燥を招いてしまいます。かといって、温度が低すぎても汚れを十分に落とすことができません。洗髪するときにオススメのお湯の温度は35~40度。ぬるま湯で洗うようにしましょう。

2:髪を濡らして即シャンプーする

実は髪を濡らしてすぐにシャンプーをつけるのはNG。髪表面についたヘアワックスやスプレーは、丁寧にすすげばお湯だけでも十分に落とすことができます。お湯である程度の汚れを落としておくことで、ガシガシと無理に力強く洗わなくてもスッキリと汚れを落とすことができますよ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >