2017/10/05 11:15

睡眠負債をためないために。箱根の温泉で眠り三昧な睡眠カフェ

日本人は睡眠不足といわれても、睡眠時間を増やすのは難しいですよね。でも、きちんと眠れていないと翌日のパフォーマンスが落ちてしまいます。時間を増やすのが無理なら、睡眠の質を上げる工夫をするのがおすすめです。

睡眠負債にならないために

「睡眠負債」とは、睡眠不足が積みかさなった状態で、健康な人でも睡眠負債はたまります。

自覚症状としては、起床4時間後に眠気におそわれたり、怒りっぽくなったりするそう。睡眠不足によってリスクが高まる病気もあるので気をつけたいところです。睡眠負債をためてしまう行動を早稲田大学研究戦略センター教授の枝川義邦さんに教えていただきました。

・夜に明るい照明の部屋にいる
・寝る前に長時間スマホをいじる
・寝酒
・夜のカフェイン摂取

このような行動はできるだけ避けるべき。カフェインは、眠る3時間前からは摂らない方がいいようです。わかってはいるけれど、やってしまいがちですね。

反対に、良質な睡眠のためのおすすめ行動も教えていただきました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >