2017/10/14 11:15

デスクトップランチは避けたほうがいい理由

忙しいあまり、ついランチを抜いてしまったりオフィスのデスクで簡単に済ませたり。

そんな日常も珍しくないと思います。ただ、それはやめたほうがいい様子。栄養が偏るから? それもあるかもしれませんが、実はもっとシリアスな理由があるのです。

座りっぱなしが寿命を縮める!?

セデンタリー・ライフスタイル(座りっぱなしで体を動かさない生活)の研究によれば、アメリカ・オーストラリア・ヨーロッパの45歳以上を対象にした調査で以下のことがわかりました。

1日8時間ほど座ったままで、なおかつほとんど運動をしない人は、死亡率が9.9%高まるのです。専門家によれば、毎日8時間ほどデスクワークをする人は、毎日1時間の運動を、6時間の人は30分の運動をすることが推奨されています。

「CookingLight」より翻訳引用

座りっぱなしで、死亡率が高まるとはちょっと衝撃です。

9時から5時まで、ほぼ8時間デスクワークという人もいるでしょうし、日中は営業で外に出ていても、残業で深夜まで6時間ほど座りっぱなしという人もいるでしょう。かくいう私も、原稿の締め切りが重なるとそのままデスクで食事もするので、ゆうに8時間以上は座りっぱなしの生活です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >

おすすめキャンペーン